webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

flash おぼえがき

フレームアクション

  • 「フレーム」に記述されたアクションスクリプトを、フレームアクションという。スクリプトを記述したフレームが再生された時にアクションが実行されます。
  • フレームラベルとは、「フレーム」に付ける名前のことで、gotoAndPlayなどで行き先を指定するときの目印となる。タイムライン上に「ラベル」レイヤーを作って、指定したいフレームにプロパティーで名前をつけておく。
  • フレームアクションはキーフレームにしか記述できない。
  • スクリプトを書くレイヤーはインスタンスを配置するレイヤーとは別のレイヤー「アクション」にしたほうがわかりやすいし、作業効率も良い。
  • アクションスクリプトが記述されたフレームには「a」という印がつく。
  • スクリプトを書く最も一般的な場所が(先頭にある1番目の)「フレーム」。

ムービークリップアクション

ボタンアクション

  • ボタンのインスタンスに対して書くスクリプト
  •  ボタンシンボルのタイムライン、4つの項目。「アップ」、ボタンにカーソルがのっていない状態。「オーバー」、ボタンにカーソルがのった状態。「ダウン」、ボタンをカーソルで押した状態。「ヒット」、ボタンが反応する領域=display:block;。
  • ひとつのボタンを完成させたら、複製して他の動作を割り当てるボタンを作る。
  • すべてのボタンを完成させて、シンボルにしてから、メインのタイムライン上に配置する。

その他

  • ライブラリに格納されている「シンボル」はオブジェクト。
  • 「ステージ(舞台)」にあがれば、「インスタンス(役)」になる。
  • インスタンスとは、ある型(アクションスクリプト)を持つことができる「具体的なオブジェクト

  • インスタンスに名前をつけて、その名前を持つインスタンスにアクションを付ける、という手順。

 f:id:ohta-felica:20160508084452p:plain