webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

flash で クロスフェード

  • PS、ファイル新規作成。画面サイズを、flashのステージと同じサイズにする。
  • スライドショーにしたい枚数の写真を順番に配置する。
  • これをPSD形式で保存して、PSは終了。 

f:id:ohta-felica:20160511155507p:plain

  • Flashで保存したファイルを読み込む。

f:id:ohta-felica:20160511160030p:plain

  • 背景レイヤーだけ読み込まない。

f:id:ohta-felica:20160511160037p:plain

  • 一番下の「レイヤー1」を一番上に移動して、「action」と名前を変更する。

f:id:ohta-felica:20160511160256p:plain

f:id:ohta-felica:20160511160306p:plain

  • 各々のレイヤーにある写真はビットマップイメージのまま。
  • レイヤーph01を選択して、(画像の周りに枠線が出ている状態、この枠線が破線であるときはビットマップイメージである。)修正、シンボルに変換。
  • この作業をすべての画像に対して行う。
  • シンボルの名前は、全て大文字に、インスタンスの名前は全て小文字にする。こうした規則を自分で決めておくと、間違えが起こりにくい。
  • 変換してできたインスタンスに名前をつけておく。

f:id:ohta-felica:20160511162106p:plain

f:id:ohta-felica:20160511162534p:plain

  • シンボルに変換してビットマプでなくなるとフレームが実線になる。↑
  • ビットマップの状態の時の枠線。↓

f:id:ohta-felica:20160511162737p:plain

  • ph01-ph05の1フレーム目にある(キーフレーム)をすべて選択して、alt キーを押しながら61フレームまで引っ張る。
  • 要するに何をしているのかというと、すべての写真のフェードイン(この場合60フレームかけてフェードインする)をまとめて作るための準備。

f:id:ohta-felica:20160511163228p:plain

  • ph-01から05の先頭にある(1フレーム目の)キーフレームを選択した状態で、ステージの画面全体を選択する(ph01から05すべてのインスタンスを選択する)。
  • プロパティーから画像のアルファを変更する。(完全にフェードインするならば0にする。)
  • これですべてのレイヤーの先頭フレームのアルファが0になった。
  • 1から5の先頭ブロックにクラシックトウィーンでフェードインのアクションを付ける。
  • 最終フレームをキーフレームに変換して、アルファを0にする。
  • 同様に最終ブロックにフェードアウトのアクションを付ける。

f:id:ohta-felica:20160511164100p:plain 

  • そのまま、61フレーム目ですべて選択されているキーフレームを、altキーを押しながら121フレームまで引っ張っていく。
  • これはすべての写真の、表示されている状態をまとめて作っている。
  • 同様にして、フェードアウトしていく部分、121から181フレームを作る。

f:id:ohta-felica:20160511163411p:plain

  • ph02のレイヤーを選択して、先頭フレームをドラッグしたまま、画像を乗り変えるタイミングの位置まで移動する。この場合80フレームずつ移動。ph02の先頭は81フレーム,ph03の先頭は161フレーム‥という具合。
  • ph05まで同じ作業をする。
  • これで基本ベースが出来上がり。プレビューするとループで再生する。
  • なので、ボタンをつける。以下つづき…