webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

web writing

web writting - 中に書かれている言葉の価値の追求

  • 人々は自分の目的を達成しようとするときに、どのようなキーワードで検索するのか。
  • web は結論から記述する。行間、言外はない。
  • キーワードで、伝えたい事が正しく伝わるのか。
  • サイトの title 、h1、body 直下の <p>、それとmeta descriptionの記述を、統一させる。
  • サイトを作りたいのはなぜ?
  • クライアントの望むサイトを、自分の価値観で作る

20160530追記

  • 人は、どのようなキーワードで検索するのだろう?
  • そして、自分(のクライアント)はどのようなキーワードで検索して欲しいのだろう?
  • キーワードの選択、そして、そのキーワードに対して内容を構成する。
  • キーワードにマッチングした文章を、文字情報でつたえる。
  • 写真で伝えても仕方がない。
  • はたして、そのキーワードで問題ないかは、実際に検索して検討する必要がある。→「白いたいやき」

20160616追記

  • 人は「オススメを」選ぶ。自分の好みでなかったら、そこで他のものを探し始める。
  • 強制をしないで100個並べておいても選ぼうとしない。選び始めない。
  • きっかけとしての「オススメ」
  • 誰かが検索をするときには、目的を持って検索する言葉を入力する。
  • 手に入れたいものの言葉。「手に入れたいもの」
  • 見聞きして、知っている言葉。入力
  • 調べる人の言葉に対する「答え」があるだろうと思うとそのサイトを見る。
  • 調べる人に答えを与える。