webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

xampp install

xamppをインストールする

f:id:ohta-felica:20160701215835p:plain

f:id:ohta-felica:20160701215309p:plain

  •  xamppは複数のフリーソフトを統合してパッケージングしたもの。不要なものはチェックを外すべきだろうが、今回はすべてインストールしてしまう。
  • ちなみに学校でのインストールは以下を参照。

f:id:ohta-felica:20160714164330j:plain

f:id:ohta-felica:20160714164418j:plain

  • xampp controlerでこれらのソフトを一括管理できるから便利。
  • インストールはCドライブの直下に行う。os(windows)と同じ階層に置いておく。トラブルが起きた時は、Cドライブに近い方がファイルが壊れにくいそうです。
  • インストーラーのデフォルトも、cドライブの直下になっている。

f:id:ohta-felica:20160701220731p:plain

作業用のフォルダを作る

  •  インストールできたら、xamppフォルダを開いてみる。今後、データを格納するフォルダは、「htdocs」というフォルダになる。これ以外のフォルダはまず触ることがない、そうです。htdocs=hyper text documents
  • この、「htdocs」の中に、作業用のフォルダをつくる。
  •  apache」は、特定のフォルダより下の階層のフォルダだけをサーバのコンテンツとして公開するようになっている。
  • その「特定のフォルダ」のことを、「ドキュメントルート」と呼びます。
  • サーバーのルートディレクトリ、ということですね。
  • windowsとmac osxでは「htdocs」がドキュメントルートに割り当てられています。

f:id:ohta-felica:20160702065429p:plain

f:id:ohta-felica:20160702065952j:plain

phpの設定を変える

timezoneを変更する 

  • phpのtimezoneは、デフォルトの値が、ドイツのベルリンになっているので、東京に変更する。
  • xamppフォルダのなかの「php.ini」ファイルの一部を書き換える。
  • xamppフォルダを、「ctrl」+「f」(検索ウィンドウを立ち上げるショートカットキー)で検索する。

f:id:ohta-felica:20160702070633p:plain

  •  黄色い丸がついたファイルをdreamweaverなどの、テキストエディターから開く。
  • 今度はこのファイルの中を再び、「ctrl」+「f」で検索する。

f:id:ohta-felica:20160702070817p:plain

f:id:ohta-felica:20160702070921p:plain

  •  [「date.timezone=Europe/Berlin」の箇所を「Asia/Tokyo」に変更する。
  • 保存して終了。以上でインストールの作業はおしまいです。

f:id:ohta-felica:20160702071037p:plain

動作確認

  1. xampp controlerからapacheを立ち上げる。

    f:id:ohta-felica:20160702133659p:plain

  2.  

    ブラウザーから、「http://localhost/」にアクセスする。

    f:id:ohta-felica:20160702133842p:plain

  3.  

    無事に機能しているようです。