webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

dreamweaver を使って test server を立ち上げる

新規サイトを作る

  • 新規サイトを作る。ローカルディスクの隣りにある「サイトの管理」をクリック。
  • 開いたウィンドウの「新規サイト」をクリック。

f:id:ohta-felica:20160702071506j:plain 

f:id:ohta-felica:20160702072025j:plain

  •  サイト名をつける。面倒は嫌なので「htdocs」の下に作った作業用フォルダの名前と同じにする。
  • ローカルサイトフォルダは、「htdocs」の下に作った作業用フォルダ。

f:id:ohta-felica:20160702072035j:plain

  •  次にサーバの設定をします。「+」をクリックして新しいサーバーを登録します。

f:id:ohta-felica:20160702072228j:plain

  •  必要な箇所を入力します。
  • /localhost/が、c:¥xampp¥htdocsに相当する。

f:id:ohta-felica:20160702072408j:plain

  •  いま、登録したサーバーを選びます。「リモート」のチェックを外して、「テスト」にチェック。テストサーバとして使います。
  • 保存したら新規サイトを完成です。

f:id:ohta-felica:20160702072739j:plain

 出来上がったサイトをチェックする

  • 「サイト」→「サイトの管理」からいま作ったサイトを選択する。
  • 「フォルダ名」の横、「ローカルビュー」を「テストサーバ」に変更する。
  • サーバーの中にいます!フォルダのアイコンが赤いです。

f:id:ohta-felica:20160702073351j:plain

  •  サーバー上に、新規「php」ファイルを作る。

f:id:ohta-felica:20160702073440j:plain

  •  次のように入力します。

f:id:ohta-felica:20160702073451j:plain

  •  そしてブラウザでプレビューします。

f:id:ohta-felica:20160702073519j:plain

  •  すると、こんな画面が表示されます。

f:id:ohta-felica:20160702073547j:plain

  • 「ctrl」+「f」でこの画面の中の「timezone」という文字列を検索します。
  • xamppをインストールした時に書き換えた、timezoneがきちんと反映されているのが確認できました。めでたしめでたし。

f:id:ohta-felica:20160702073758j:plain