webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

wordpress のインストールと初期設定 その1

ローカルサーバ環境でword pressを使う準備(学校と同じ環境、教科書の段取)

  • ダウンロードして、解凍した「wordpress」のフォルダを学校に準じて「wordpress0322」と名前を変える。
  • c drive>xampp>htdocs フォルダの中に、「wordpress0322」を入れる。これが大元のファイル。
  • ブラウザに下図のように入力する。

f:id:ohta-felica:20160705224637p:plain

f:id:ohta-felica:20160705224829p:plain

  • インストール画面に切り替わったら、インストールします。この作業はmysqlとのひも付けをする作業。macでインストールする場合は、パスワードに「root」と入力する。

f:id:ohta-felica:20160705225030p:plain

  • ちなみに此処から先は学校や教科書に添って使うための設定です。一般的ではありません。

f:id:ohta-felica:20160705225312p:plain

f:id:ohta-felica:20160705225547p:plain

  •  ひとまず完成です。次は教科書のデータをインポートします。
  • 「ツール」「インポート」。ファイルインポート用のプラグインをインストールします。

f:id:ohta-felica:20160705225839p:plain

 

f:id:ohta-felica:20160705225924p:plain

  • 教科書のサンプルデータをインポートします。詳細は下の通り。
  • XMLファイル形式についてはまた調べる。

f:id:ohta-felica:20160706055613p:plain

 

f:id:ohta-felica:20160706055755p:plain

 

f:id:ohta-felica:20160706055840p:plain

  •  追加した投稿が確認できます。最後に、「hello world」の投稿を削除しておきます。

 dreamweaver 新規サーバの設定

  • ただのテキストエディタをして使用する。dreamweaverでファイルを開いて、テキストを書いて、保存するだけ。
  • dreamweaverで作成して、保存したファイルを、wordpressで更新して使う。
  • dreamweaverを使わなくてはいけない必然性はない。wordpressのエディターが使いにくいというだけ。 
  • 以下の作業では、サイトを設定しているのではなく、ただファイルをすぐ開けるようにしている。
  • 「xampp」→「htdocs」→「wordpress0322」→「wp-content」→「themes」この中に、「自分のテーマフォルダ」を作って、index.phpとstyle.cssを入れておく。
  • そうすると、新規スタイルがwordpressに認識される。 

f:id:ohta-felica:20160711172212j:plain

  •  サイトは設定しなくても良い。

f:id:ohta-felica:20160711172249j:plain

  • 繰り返しますが、ローカルでただテキストを編集できれば良い。

f:id:ohta-felica:20160711172447p:plain 

  • 新規「theme」フォルダを作成する。その中に、「index.php」「style.css」を作る。

f:id:ohta-felica:20160711181804p:plain

  •  まだなにも記述していないけれども、「テーマ」がひとつできました。

f:id:ohta-felica:20160705233142p:plain

  •  dreamweaverで入力した内容をwordpressに反映させるには、ブラウザーで「wp-sdmin」を再読込する。そうすると内容が更新される。
  • ブラウザのキャッシュなどでうまくいかないこともあるので、うまくいかない時は、ファイルの更新ボタンを押す。

f:id:ohta-felica:20160711182434p:plain

  •  サイトを表示させる時は、「ctrl」+「サイトを表示させる」ボタンを押す。
  • 「ctrl」を押すと別のタブで開くことができる。そうしないと、adminのパネルが閉じて、サイトが開いてしまう。