webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

Date object

注意すること

  1. getFullYear();    西暦表示はgetYearではない。
  2. getMonth();  1月は「0」。配列の一番目。
  3. getDay(); は変換しないといけない。配列の一番目は日曜日。

Date object

f:id:ohta-felica:20170102141221p:plain

 

f:id:ohta-felica:20170102141257p:plain

 

f:id:ohta-felica:20170102141918p:plain

  •  getYearメソッドは、1900年に対して加減算する。
  • 今年は117つまり1900+117=2017という具合。
  • 2000年問題の根本?
  • いずれにせよもう使わない。
  • get FullYearを使う。

f:id:ohta-felica:20170102142042p:plain

 

f:id:ohta-felica:20170102141854p:plain

 getFullYear

f:id:ohta-felica:20170102142430p:plain

 

f:id:ohta-felica:20170102142538p:plain

 

f:id:ohta-felica:20170102142512p:plain

  • new演算子を使って、新しいオブジェクトを生成する。
  • new Date(); とは新しい「Dateオブジェクト」を生成したということ。
  • 生成されて、利用可能(=インスタンスになる。(どの、いつの、dateなのかパラメータによって指定されると使用可能になるのか?ちなみに括弧の中が空欄の時は現在時刻!)
  • ある値によって生成された「dateオブジェクト」から、「西暦」「月」「日」など、部分の情報(そのオブジェクトに含まれるプロパティー??なのか)を抽出する作業。
  • その抽出する処理=関数がメソッド。
  • getFullYear()メソッド。

f:id:ohta-felica:20170102151519p:plain

 new Date(); と Date(); の違い

f:id:ohta-felica:20170102180657p:plain

 

 

f:id:ohta-felica:20170102180728p:plain

  • new演算子を使わない、Date();は 現在時刻を表す文字列を生成する。オブジェクトではない。

 

170103追記

<script>
var now = new Date();
document.writeln(now);
var year = now.getFullYear();
document.writeln(year+'年');
var month = now.getMonth()+1;
document.writeln(month+'月');
var date = now.getDate();
document.writeln(date+'日');
var hour =now.getHours();
document.writeln(hour+'時');
var minute = now.getMinutes();
document.writeln(minute+'分');
var day = now.getDay();
var youbi = new Array ('日','月','火','水','木','金','土');
console.log(youbi);
var youbi = youbi[day];
document.write(youbi+'曜日');
</script>