webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

バッチ処理/シェルスクリプト その1

f:id:ohta-felica:20170520222719p:plain

 「--watch」オプションは、scssファイルが書き換えられると自動でコンパイルされて、cssファイルも書き換えられる。

 

scssフォルダ内のstyle.scssファイルを「--watch」して、書き換えたら「--style expanded」でcssフォルダ内のstyle.cssを更新する。

という一連の処理を自動化する。

  

バッチファイルを作る

テキストエディタで、拡張子が「.bat」のファイルを作ればよい。 

Windowバッチでは、「%0」や「%1」など、「%数字」は、引数を表し、「0」は特別に、そのバッチファイル自身、それ以降は第一引数、第二引数となります「this」か?、、、

 

 

「~」・・・これは、ドライブ、ファイルパスから「”」を取り除きます。Windowsでは、「Program Files」のように、スペースを含んだパスも良く使われますので、これを引数に渡すときに「”C:\Program Files\Java”」のように囲ったりします。この「”」を取り除き、純粋なパス文字列にするのに必要になります。

 

それ以外の「d」や「p」などのオプションは、ドライブやファイル名の含まれた文字列から、何を取り出すかの指定を行います。

具体的には、下記のような情報を取り出すことが可能で、複数組み合わせることも出来ます。

%~d0 %0をドライブ文字だけに展開
%~p0 %0をパス名だけに展開
%~n0 %0をファイル名だけに展開
%~x0 %0をファイル拡張子だけに展開
%~dp0 %0をドライブ文字とパスだけに展開
%~nx0 %0をファイル名と拡張子だけに展開

 

組み合わせた場合

%~dp0 %0をドライブ文字とパスだけに展開します。
%~nxI0 %0をファイル名と拡張子だけに展開します。
%~fs0 %0を完全なパスと短い名前だけに展開します。

 

 

「%0」引数0、自分自身、この場合バッチファイル。

「dp」driveドライブ、とpathパス。

「~」パスから不要な「”」などを取り除き、純粋な文字列に変換する。

「%~dp0」 自分自身のドライブとパスの文字列(""など不要な文字を含まない)

 

「コマンド名 /?」でそのコマンドのヘルプ画面を表示できる。

f:id:ohta-felica:20170520234049p:plain

 

cdとは change directory  

/d cdコマンドのスイッチ(オプション)ドライブの変更を伴う移動の際に使う。

例)cd /d k:/photo/2017/ といった感じで記述する。

 絶対パスでの記述 「/」ルートパスを表す。ここからスタートして「/」は一つ下の階層を表す。

 相対パスでの記述 「/」これが一つ下の階層 「../」これが一つ上の階層を表す。

 

 

まとめ

cd /d %~dp0とは、バッチファイルがあるドライブのフォルダに移動するということ。