webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

相対パス、絶対パス、ルートパス

相対パス (普段使い)

いまいる「ファイル」を起点にして、場所を指定する。

いま、コードを記述しているファイルが起点。

いま記述しているファイル(例えばindex.html)と同じ階層にあるファイルやフォルダ(例えばcommonフォルダ)は以下のように記述する。

./common

common

commonフォルダの中のcssフォルダの中のstyle.cssを指定するときは、、、

./common/css/style.css

common/css/style.css

のように記述する。

「./」は同じ階層という意味です

 

style.cssで同じ「common」フォルダの中にある「images」フォルダ内の「pic.jpg」をbackgroundとして指定するときは、、、

まず、「style.css」から一つ上の階層にでます。この階層は「css」フォルダと同じ、つまり「images」フォルダと同じ階層になります。

「../」が一つ上の階層という意味になります。

../images

この中にある、「pic.jpg」を指定します。

../images/pic.jpg

 

絶対パス(ほぼ使わない)

CDNとかそんなときしか使わない。

よそのサイトを参照するときに使います。

 

ルートパス(案件によって指定されれば)

一番最初の階層からのパス。

/index.html

/common/css/style.css

のように記述する。

/ がドキュメントルートを表している。

 

他の人がコーディングしているソースを見るときに、、、

「(なにもなし)」 「./」「../」の時は相対パス

 

「/」が先頭にある時はルートパス

くらいはわかっていると便利。