webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

GitHubとSourceTreeの導入

GitHubとSourceTreeの導入 - WEBサイト制作の勉強からの転載

自分のレファレンス目的です、、、

GitHubとSourceTreeの導入

Git(ギット)とは、バージョン管理を行うためのツールのことです。複数人でプログラミングやコーディングを行う場合、ソースコードを効率的に管理・運用する必要があります。「誰がどのファイルのどの部分を修正したのか?」や「リリース予定の機能追加で更新するのは、どれとどれか?」といったことです。

例えば、Aさんがトップページの修正を行っている間に、Bさんがトップページの他の部分の修正を行っていたとします。お互いに修正が終わり修正内容をアップロードした場合、もちろんAさんがアップロードしたデータにはBさんが修正した内容分は反映されていないので、アップした内容はAさんの作業分しかアップロードされていない事になります。さらに、その後Bさんがデータをアップロードしてしまうと、今度はBさんが修正した分のみが反映されて、Aさんが修正した分は消えてしまいます。なので、このような事が起こらないように、事前にローカル上で互いのデータを見比べて、AさんとBさんのデータの差分をお互いにチェックしてからアップロードをする必要があります。
Gitはこういった場合に作業をより円滑に進められるようにつくられたツールで、システム開発の現場では一般的に使われているツールの一つです。

GitHubとは

Gitは通常、リモート上とローカル上を使い分けて作業を行います。GitHub(ギットハブ)とは、このリモートにあたる部分を提供しているサービスのことです。複数人での開発をサポートしてくれる便利な機能が備わっていて、現在ではエンジニアにとって欠かせないツールの一つになりました。無料でも使用する事が出来ますが、プライベート(非公開)リポジトリを利用したい場合は、有料プランに登録する必要があります。

SourceTree

Gitのクライアントツールと呼ばれ、Gitの操作を簡単にするものです。通常Gitのコマンドはターミナル上で打ち込みますが、SourceTreeを使う事でより視覚的に、簡単に作業を行う事が出来ます。

Gitで使う用語

初めてGitを触る人にとって、解り辛さの原因の1つに用語の解り辛さが挙げられます。意味をしっかりと理解出来れば作業自体は難しくないので、まずはよく使うワードとその意味をしっかりと理解しましょう。

リポジトリ

リポジトリとは、ファイルやディレクトの状態を保存する場所です。変更履歴を管理したいディレクトリなどをリポジトリの管理下に置くことで、そのディレクトリ内のファイルなどの変更履歴を記録することができます。Dreamweaverで作業する時に設定する「サイトの管理」と同じような物です。
リポジトリは自分のマシン内にある「ローカルリポジトリ」とサーバなどネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2箇所にあります。基本的にローカルリポジトリで作業を行い、その作業内容をリモートポジトリへプッシュする流れで行います。GitHubはこの「リモートリポジトリ」の場所を提供してくれるサービスです。


コミットとプッシュ

コミット(commit) :ファイルの追加や変更の履歴をリポジトリに保存すること。GitHubではこの際に作業者が「どこどこを変更しました」など他の人に解るようにメモを残せるような機能もついています。

プッシュ(push) :ファイルの追加や変更の履歴をリモートリポジトリにアップロードするための操作です。

基本的な作業の手順としては

  1. 「ローカルリポジトリ」のデータを変更させて
  2.   コミットしてから
  3. 「リモートリポジトリ」にプッシュする

といった感じです。

ブランチ

ソフトウェアの開発では、現在リリースしてるバージョンのメンテナンスをしながら新たな機能追加やバグ修正を行うことがあります。このような、並行して行われる複数のバージョン管理を行うために、Gitにはブランチ(branch)という機能があります。
ブランチは履歴の流れを分岐して記録していくものです。分岐したブランチは他のブランチの影響を受けないため、同じリポジトリ内でそれぞれの開発を行っていくことができます。

GitHubとSourceTreeの導入方法

f:id:yachin29:20170314234848p:plain

GitHubでの作業

GitHub上での作業は非常に簡単で単純ですが、基本的にインターフェイスが英語なので、ある程度慣れが必要になります。
まずはGitHubのアカウントを作りましょう。
続いて、プランを選択します。有料のプランもありますが、無料で使えるFreeプランがあります。Freeプランはソースがオープンになってしまいますが、今回はFreeプランで登録するので、「Free」を選んでから「Finish sign up」ボタンをクリックします。

リポジトリの作成

アカウントを作った後に、そのプロジェクトのマスターがリポジトリを作成します。
GitHubにログインした状態で、「New Repository」ボタンを押します。

f:id:yachin29:20170317105000p:plain


次に表示される画面では、「Repository name」の入力のあと、必要に応じて「Description」も入力します。
また、リポジトリの種類を「Public」か「Private」を選択します。この「Private」リポジトリは、有料会員のみ作成することが可能なので、ここでは「Public」を選びましょう。
最後に、リポジトリの中にあらかじめREADMEファイルを作成しておく場合は「Initialize this repository with a README」にチェックを入れます。.gitignoreやlicenseについては後で追加や変更ができますので、Noneを選択します。

f:id:yachin29:20170317105303p:plain

必要項目の入力が終わり「Create repository」ボタンをクリックするとリポジトリの作成は完了です。
次の画面で、リモートリポジトリのアドレスが表示されますので、控えておいてください。また、このリモートリポジトリのアドレスはプロジェクトチームの他のメンバーがGitHubとSourceTreeを紐付ける時に必要になるので、他のメンバーにも教える必要があります。


SourceTreeのインストー

次に以下のサイトからSourceTreeをインストールします。
ja.atlassian.com

SourceTreeでの作業

GitHub上に作った「リモートリポジトリ」をローカル上にコピー(クローン)します。
「リモートリポジトリ」のURLをコピーし、SourceTreeの「新規リポジトリ」→「URLからクローン」を押し、先程コピーしたURLとクローン先(ローカル上)のディレクトリを指定します。
ローカル上に「リモートリポジトリ」のクローンである「ローカルリポジトリ」を作る際には中身が空のディレクトリを用意してあげる必要があります。
そしてクローンすると、新しくローカルリポジトリが作成されます。


作業開始直後はまだ何も表示されませんが、その後更新作業などを進めていくと、このようにグラフが伸びていき、作業の進捗状況なども可視化でき、解りやすくなります。
作業を進めるとこんな感じになります。
f:id:yachin29:20170317110837p:plain


以上で、GitHubとSourceTreeの導入部分は終了です。
次回は実際の作業やよく起こる問題の対処法などを説明します。とにかくこういうのは慣れなので、実際の現場仕事で致命的なミスを犯してしまう前に友人同士で練習してみる事をオススメします。