webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

Atem Mini Picture in Picture についての覚書

ATEM Miniのピクチャーインピクチャーのついて。

 

1 DVEの設定

フィルソース PinPに表示させるソースを選択する。

f:id:ohta-felica:20210117140911p:plain

f:id:ohta-felica:20210117140546p:plain

 

位置 PinPの位置を、座標で指定する。PinPの中心点の座標を入力する。

サイズ PinPのサイズを指定する。画面全体のサイズが、1.0となる。

f:id:ohta-felica:20210117140510j:plain

 

 

f:id:ohta-felica:20210117141055p:plain

マスクをリセット

「マスク」で設定した値が、リセットされる。

DVEをリセット

「設定」の「位置」と「サイズ」がデフォルトの値になる。

位置は0,0、サイズは0.5になる。

DVEフルをリセット

位置は0,0、サイズは1.0なる。このボタンの意味がよくわかっていない。

全てをリセット

「すべて」はリセットされない。

リセットされる値は、設定した「位置」及び「サイズ」、「マスクの値」のみ。

「フィルソース」「シャドー」「ボーダー」の値はリセットされない。

f:id:ohta-felica:20210117141503p:plainf:id:ohta-felica:20210117141645p:plain

 

 

2 マスクの設定

画面全体の大きさを、32*18の長方形としたときの「1」が入力する値の「1」になる。

つまり、横長16:9の画面の、横幅の1/32、あるいは縦幅の1/18が「1」。

 

PinPを正方形にしたいときは、18*18で正方形になるからで、

マスクの左右に、(32-18)/2=7.0を入力すればよい。

f:id:ohta-felica:20210117143514p:plain

 

上の設定の場合、白い画面に対して、オレンジ色の部分がPinPされた画面になる。

だいたい正方形であるように見えます。

f:id:ohta-felica:20210117145149j:plain



PinPを4:3にしたい場合は、左右を24にすればよいことから、(32-24)/2=4、

つまりマスクの値の、左右に各々「4」を入力すればよい。

f:id:ohta-felica:20210117145901p:plain

 

f:id:ohta-felica:20210117145941j:plain



マクロに登録しておく

 

f:id:ohta-felica:20210117155941p:plain

マクロを設定する前に、「すべてをリセット」しておく。

 

PinPを1:1にするマクロを仕込む。

前述のとおり、マスクの左右の値を「4.0」にしておけばよい。

「作成」にして「+」をクリックする。

f:id:ohta-felica:20210117160246p:plain

マクロの名前を付けて、「記録」をクリック

「マスク」の左右に、4.0と入力する。

f:id:ohta-felica:20210117160507p:plain

入力したら、赤丸の「REC」ボタンをクリックして、記録を停止する。

すると、マクロが作成される。

f:id:ohta-felica:20210117160631p:plain

マクロを実行したいときは、「実行」を選択してから、実行したいマクロを選択。

赤丸の「再生」ボタンをクリックする。