webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

Photoshop KnockOut ノックアウトについて

画像ファイルをPSで開いて、長方形ツールで「背景レイヤー」の上に赤い長方形を描画する。

f:id:ohta-felica:20200928204429p:plain


f:id:ohta-felica:20200928204415p:plain

長方形のレイヤーの上に、テキストレイヤーを作成する。

f:id:ohta-felica:20200928204655p:plain

f:id:ohta-felica:20200928204710p:plain

テキストレイヤーを選択した状態で、右クリック「レイヤー効果」を選択。

f:id:ohta-felica:20200928204815p:plain

「高度な合成」→「ノックアウト(抜き)」→「深い」を選択。

f:id:ohta-felica:20200928210114p:plain

塗りの不透明度を0%にする。

f:id:ohta-felica:20200928210154p:plain

するとこんな感じになる。

f:id:ohta-felica:20200928210245p:plain

「深い」を選択すると、「背景レイヤー」以外の、すべてのレイヤーが「ノックアウト」される。

 

 

画像と赤い長方形のレイヤーの間に、別の白い長方形のレイヤーを作成する。

f:id:ohta-felica:20200928210813p:plain

f:id:ohta-felica:20200928210434p:plain

上から二つのレイヤー、テキストレイヤーと、赤い長方形レイヤーを、グループ化する。

f:id:ohta-felica:20200928210922p:plain

それから、テキストレイヤーの「レイヤースタイル」からノックアウトを「浅い」に変更する。

 

すると以下のようになる。

f:id:ohta-felica:20200928211120p:plain

つまり、ノックアウトを、「浅い」にすると、同じグループ内でのみノックアウトされる、ということになります。

sony alpha9 動画撮影についての備忘録

 

動画でAFをよりよく機能させるための設定。

軍幹部のダイヤルで、動画モードにすると、AFモードが

MFの時はMFに

それ以外に設定している時は自動的にAF-Cになる。

動画モードにしていない場合も同様で、

MFの時はMFに

それ以外に設定している時は自動的にAF-Cになる。

2

Focus Areaは必ず「WIDE」にしておくこと。

ラッキング可能な範囲が広くなる。

3

メニューの、「カメラ2」→「タッチ操作時の機能」→「タッチトラッキングにしておく。

 

動画の画像について

1

アルファ9には7シリーズのようにピクチャープロファイルが存在しない。

プロファイルは、他のカメラの「PP1」に相当するとのこと。

ピクチャープロファイルとは

ピクチャープロファイルとは、映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。

  • 基本的な階調や発色を選択する項目
  • 階調(明暗のトーン)を調整する項目
  • 発色を調整する項目
  • 輪郭を調整する項目

[ピクチャープロファイル]で変更したいプロファイルを選び、直接設定モードに入ることができます。

本格的な調整項目を持ち、ガンマカーブや色、ディテールなどのさまざまな項目を変更できます。これらの組み合わせを、PP1、PP2、PP3、…、など複数のパターンとして本体内部のメモリーに保存できます。

なお、設定できる項目はお使いのカメラによって異なります。

ピクチャープロファイルのプリセットを使う

ピクチャープロファイル機能を持つカメラにはお買い上げ時の設定で、いくつかのピクチャープロファイルのプリセットが用意されています。これらのプリセットを用いることで、[ピクチャープロファイル]機能を持つ他の機種の映像と質感を統一したり、フィルム映画のような質感を表現したりすることができます。

ピクチャープロファイルプリセット

PP1 [Movie]ガンマを用いた設定例

(ピクチャープロファイルを使用しないときの標準の動画の設定)

PP2 [Still]ガンマを用いた設定例

(ピクチャープロファイルを使用しないときの標準の静止画の設定)

PP3 [ITU709]ガンマを用いた、自然な色合いの設定例
PP4 ITU709規格に忠実な色合いの設定例
PP5 [Cine1]ガンマを用いた設定例
PP6 [Cine2]ガンマを用いた設定例
PP7 [S-Log2]ガンマで撮影するときの推奨設定。

[S-Log2]ガンマと[S-Gamut]カラーモードの組み合わせ。

PP8 [S-Log3]ガンマと[S-Gamut3.Cine]で撮影するときの推奨設定。

[S-Log3]ガンマと[S-Gamut3.Cine]カラーモードの組み合わせ。

PP9 [S-Log3]ガンマと[S-Gamut3]で撮影するときの推奨設定。

[S-Log3]ガンマと[S-Gamut3]カラーモードの組み合わせ。

PP10 [HLG2]ガンマと[BT.2020]カラーモードで撮影するときの設定例
  • S-Log撮影を行う場合は、プリセットのPP7、PP8、PP9を使って撮影してください。

グレーディングソフト、ノンリニア編集ソフトによる映像加工との違い

ピクチャープロファイルを用いると、映像の色や鮮明さを撮影時に調整することができますが、グレーディングソフトウェアやノンリニア編集ソフトウェアでも撮影後の編集時に似た作業が可能です。では、それらのソフトウェアとピクチャープロファイルの違いは何でしょうか。

カメラは、膨大な映像情報を限られたメモリーに記録するために、撮影した映像を圧縮して記録します。どのようにすぐれた圧縮フォーマットであっても、圧縮処理を行うと映像は少なからず劣化してしまいます。撮影済みの映像素材に対して、シャープネスやガンマカーブの補正などのビデオエフェクトを適用する場合、劣化した映像に対して加工処理を施すことになり、さらに状態が悪くなってしまうことになります。たとえば、圧縮によって階調が不足した部分や圧縮によるブロックノイズが撮影済みの映像にあると、その部分がさらに目立ってしまうことがあります。
一方、ピクチャープロファイルは撮影時点での処理であるため、圧縮前の信号を処理しています。そのため、上記のような劣化がない状態の映像に対してガンマカーブの変更やカラーコレクションを行います。被写体の質感を保ったまま、精度の高い映像調整が行えます。また、撮影時に暗部や高輝度部の階調を適切に調整して記録していないと、撮影後の加工で映像のコントラストを変更しようとしてもうまくいかないことがあります。撮影時に黒つぶれしてしまった部分や白飛びしてしまった部分は階調が失われているため、撮影後の加工で階調を再現しようとしても効果が出ません。

グレーディングソフトウェアやノンリニア編集ソフトウェアは高機能ですが万能ではありません。撮影時にできるだけ理想の映像になるように、ピクチャープロファイルを使って各種設定を調整しておけば、グレーディングソフトウェアやノンリニア編集ソフトウェアでの調整も最小限になり、よりイメージに近い映像を作ることができます。

ピクチャープロファイルの活用法

撮影後の加工に充分な時間が取れる作品や完成尺が短い作品では、色調整などのあらゆる後処理を想定し、できるだけフラットな映像を収録しておくと、撮影後の工程において、より効果的な画像の加工や編集が可能になります。S-Log2やS-Log3を使ったS-Log撮影は、この手法のわかりやすい例です。

逆に、制作期間が短く長時間の作品であれば、撮影前に完成イメージをできるだけ作ったうえで撮影に臨めば、後処理は格段に少なくなり効率の良い制作が可能となります。また撮影現場のモニターで、完成イメージに近いトーンでディレクターやスタッフなどに撮影映像を見せれば、現場の雰囲気は大いに盛り上がり、現場の雰囲気を大事にした撮影が作品の質に大きく影響します。後処理による映像加工の活用のためにも、機動力のある作品作りのためにも、ピクチャープロファイルを充分に活用してみてください。

ヒント

  • ピクチャープロファイルと類似の機能で「クリエイティブスタイル」という機能があります。どちらの機能も動画と静止画の両方に使うことができますが、ピクチャープロファイルは動画用、クリエイティブスタイルは静止画用に準備された機能です。クリエイティブスタイルについて詳しくは、各機種のヘルプガイドをご覧ください。

2

内部収録画像の形式

mpeg4 avc H264

XAVC s ver1

 

外部収録の形式

Y Cb Cr 4:2:2

RGB 8bit

 

Premier ショートカットキーの設定

premier proのショートカットキー一覧表を以下からダウンロードしてみる。

https://assets.adobe.com/public/ad71c9c3-0964-408f-4fe9-e038bbc1f29d

 

 

補足事項

https://community.adobe.com/t5/premiere-pro/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88ja%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/td-p/10537146?page=1

 

レイアウト「ja」の状態で、「ズームイン」を「^」に設定するのですが・・・

設定する際、ウィンドウ内のヴィジュアルキーボードから、ドラッグで適用されていませんでしょうか?

左下のズームインに適合する「ショートカット」設定部分をクリックし選択、

現実の物理キーボードで直接「^」を打ち込んで登録してみてください。

スクリーンショット 2019-05-10 16.34.23.png

「ウィンドウ内のヴィジュアルキーボード」と「物理キーボード」では、設定されるキーが違うようです。

 

 

 

自宅のPr初期設定では、以下のようにズームアウトは設定されているが、ズームインは設定されていない。「ctrl」や「alt」を併用した場合のショートカットも、ついでなので設定してみます。

まずは、斜線部分にズームアウトを設定してみる。

f:id:ohta-felica:20200528103811p:plain


設定したいコマンドが、どこにあるのかわからないので、「ズームアウト」を選択して、ウィンドウ下部にある、「なし」「ズームアウト」の部分にカーソルを持っていく。すると↓このように、コマンドがどこにあるのか表示される。

 

f:id:ohta-felica:20200528104442p:plain

 

反対の操作をするコマンドなので、同じ場所にあるでしょうから、、、

f:id:ohta-felica:20200528104621p:plain

「ズームイン」を選択して、割り当てたいキーにドラッグドロップすると目的達成です。

 

f:id:ohta-felica:20200528104812p:plain

 

同様に「ビデオトラックの盾幅を狭める」を設定してみる。

f:id:ohta-felica:20200528104853p:plain

 

この状態で、、↓

f:id:ohta-felica:20200528105125p:plain

「ctrl」を押しながらドラッグドロップすると、、↓のようにうまくいきます。

f:id:ohta-felica:20200528105358p:plain

 

Photoshop ベクトルマスクを反転させる方法

photoshop、ペンツールでパスを作成する。

f:id:ohta-felica:20200520205801p:plain

 

「ctrl」+下の写真の赤丸アイコンをクリックしてベクトルマスクを作成する。

f:id:ohta-felica:20200520210018p:plain

 

予想に反して、反転マスクに成ってしまった時、どうするか?

f:id:ohta-felica:20200520210203p:plain

 

 このままの状態で、ペンツールのオプションバー、「パスの選択」を「前面シェイプを削除」から「シェイプを結合」に変更します。

f:id:ohta-felica:20200520210257p:plain

 

すると、マスクが反転します。 

f:id:ohta-felica:20200520210333p:plain

 

 

【うまくいかない場合の補足】 

 

①ベクトルマスクのパスが選択された状態や(下の写真)

f:id:ohta-felica:20200520212309p:plain



 

②作業用パスが選択されていても、アンカーポイントが表示されていない状態(下の写真)

f:id:ohta-felica:20200520212347p:plain

では、うまくいきません。

 

このような場合は、一度ベクトルマスクを削除してから、

f:id:ohta-felica:20200520211511p:plain


「パス」タブの作業用パスを選択して

f:id:ohta-felica:20200520211557p:plain

 

左側のサムネールを、「alt」+クリックすると、アンカーポイントが表示できます。

f:id:ohta-felica:20200520211647p:plain



f:id:ohta-felica:20200520211746p:plain

それから、ペンツールのオプションバー、「パスの選択」を「前面シェイプを削除」から「シェイプを結合」に変更してから、再度「ctrl」+クリックでベクトルマスクを作成します。

【captureone】備忘録

レーティングでソートする

f:id:ohta-felica:20200107081220p:plain

 

シングル マルチビューの切り替え

f:id:ohta-felica:20200107081346p:plain

 

 ③

複数のタイミングを比較する

f:id:ohta-felica:20200107082336p:plain

 調整前に新規バリアントを作成する。

作成した「2」のバリアントに対して色調などの調整を施す。

f:id:ohta-felica:20200107082551p:plain

 

 ④

調整した補正を、ほかの複数のカットに適用する。

適用したいタイミングを施したカットを選択して

「ctrl」「shift」「c」

こうするとプロパティーのみのコピーができる。

 

適用したいカットを選択して、「ctrl」「shift」「v」でコピーしたプロパティーを適用できる。

【AE】テキストアニメーション イーズ

AfterEffectsのテキストアニメーションはパラメーターをいじっていくと、実ににいろんな事が出来るのが分かりますが、日本語メニューだと、時々わけのわからない表記があります。特に動きに高級感を持たせる「イーズ」は弊社でもよく使いますが、テキストアニメーションの個々のテキストにイーズをかける場合は、「アニメータ/範囲セレクタ/高度」の中にある、「イーズ(高く)とイーズ(低く)」を使う事になります。この「高く」と「低く」という表記が混乱する原因で、根本的な原理を理解しないと、何を言っているのがさっぱりですw 同じ事を思っていた方、多かったんじゃないのでしょうか?(汗 で、弊社では、「高く→動き始め」「低く→動き終わり」と理解するようにしました。こう考えるとスッキリで、(高く)を100%にすると、動き始めの滑らかさが100%になります。逆に-100%にすると、動き始めが急激に変化するようになります。今度は(低く)を100%にすると動き終わりが滑らかになり、-100%にすると急激に止まるようになります。
文字がバラバラに板付くようなアニメーションで、少し高級感ある動きを作成する場合、イーズ(低く(つまり動き終わり))を100%にすると良い感じになります。もちろんモーションブラーはONですw(ブラーのかかり具合シャッタースピードの設定で)

 

f:id:ohta-felica:20191230102244p:plain

 

【AE】エッセンシャルグラフィクスでトラッキングの値の範囲を設定する方法

新規テキストレイヤー作成

f:id:ohta-felica:20191229205221p:plain

 

 

このテキストにトラッキング(文字間・文字送り)の設定を加える

 

「アニメーター」→「字送り」

f:id:ohta-felica:20191229205317p:plain

f:id:ohta-felica:20191229205404p:plain

 

このテキストレイヤーに

「エフェクト」→「スライダー制御」を追加する。

f:id:ohta-felica:20191229205509p:plain

 

スライダーを選択して右クリック。

「値を編集」

f:id:ohta-felica:20191229210125p:plain

 

スライダーの範囲を「-100」から「100」に設定する。

このスライダーのプロパティーを「トラッキングの量」の値にリンクさせる。

→プロパティーリンク

f:id:ohta-felica:20191229210248p:plain

 

f:id:ohta-felica:20191229210511p:plain

 

スライダーを選択してプロパティーの値をコピーする。

→「ctrl」+「alt」+「c」

 

ラッキングの量を選択して「ctrl」+「v」で貼り付ける。

f:id:ohta-felica:20191229210647p:plain

「トラッキングの量」の値が赤い文字になり、スライダーの値とリンクしていることがわかる。

【AE】240fps撮影の素材を30pタイムライン上で8倍スローモーションで再生する方法

フッテージをプロジェクトにインポートしてから、右クリックしてコンテクストメニュー→「フッテージを変換」→「メイン」

 

f:id:ohta-felica:20191215195847p:plain

 

「フレームレート」を変更する

f:id:ohta-felica:20191215200136p:plain

コンポジションの設定ではベースとなるフレームレートを指定する。

 

f:id:ohta-felica:20191215200905p:plain

 

【davinci】tutorial01の備忘録

タイムラインのスケールを変更するスライダー

f:id:ohta-felica:20191215092120p:plain

「shift」+「z」でタイムライン上にプロジェクト全体が表示できる。

上の表示が、下のように表示される。

 

f:id:ohta-felica:20191215093059p:plain

 

クリップの調整をしたいときは「インスペクタ」をクリックする。

イメージトラックを選択していると、

f:id:ohta-felica:20191215093257p:plain

サウンドトラックを選択していると

f:id:ohta-felica:20191215093346p:plain

こんなように、調整ができます。

 

【AE】パスに沿って動く矢印

wingdings「N」で四角形を(一文の中に)いくつか作る。

続けて同じ文の中に、wingdings3 「U」で右抜き三角形を作る。

f:id:ohta-felica:20191208100957p:plain

 

ちなみに

wingdings3 「T」は左向き三角形

wingdings3 「Q」は下向き三角形

wingdings3 「P」は上向き三角形

文字ウィンドーのトラッキングを「-250」にして文字間を詰める。

こうすると矢印が出来上がる。

f:id:ohta-felica:20191208101214p:plain

 

 

f:id:ohta-felica:20191208101256p:plain

文字ツールで作成した、矢印のレイヤーを選択した状態で、矢印を動かしたい軌道をペンツールで描く。

f:id:ohta-felica:20191208101638p:plain

 

 「テキスト」→「パスのオプション」→「パス」で今描画したパスを選択する。

 

 「最初のマージン」の値を調節して矢印に動きをつける。