webかたつむり ウェブデザインを勉強中 ウェブ初心者のおぼえがき

webかたつむり

ウェブデザインを勉強中

fusion でバレ消し

対象のクリップを、フュージョンに取り込む
f:id:ohta-felica:20210915141301p:plain

planartrackerを使って、トラッキングをする。

f:id:ohta-felica:20210915141329p:plain

f:id:ohta-felica:20210915141425p:plain

f:id:ohta-felica:20210915141448p:plain
1フレーム目にプレイヘッドを置いてから「set」
順番にトラッキングをする。

f:id:ohta-felica:20210915141507p:plain
消したい対象が、きちんと認識できるコマに移動して、
「timeStretcher」ノードをつなぐ。

f:id:ohta-felica:20210915141607p:plain

f:id:ohta-felica:20210915141711p:plain

 

その先に、「paint」ノードを接続する。

f:id:ohta-felica:20210915141743p:plainf:id:ohta-felica:20210915141814p:plain

cloneモードを選択する。

f:id:ohta-felica:20210915141821p:plain

指定したコマから、どのくらいの範囲をペイントするのか、
stroke Durationを設定する。

デフォルトでは30までしか入力できないが、どのような値でも
直接入力が可能。

f:id:ohta-felica:20210915141909p:plain
cloneモードで、消したい対象を消す。

f:id:ohta-felica:20210915142035p:plain

 

「paint」ノードの先に、「mattecontrol」ノードを接続する。
ぽりごん

f:id:ohta-felica:20210915142116p:plain

f:id:ohta-felica:20210915142209p:plain

 

「polygon」ノードを使って、マスクを作成する。

同じクリップに対して、複数のポリゴンノードを使用可能。
ポリゴンノードをただ直列につないでおけばOK。

f:id:ohta-felica:20210915142257p:plain
以下のようにマスクを作成する。

f:id:ohta-felica:20210915142435p:plain

「polygon」ノードと、「mattecontrol」ノードを接続する。
接続の際は、「alt」キーを押しながら、ピッカーを「mattecontrol」に持っていく。
プルダウンメニューの「ガベージマット」を選択する。

f:id:ohta-felica:20210915142501p:plain

f:id:ohta-felica:20210915142701p:plain



ラッキングが必要な場合は、「planartracker」のインスペクターを開いて、一番下にある、「create planar transform」をクリックする。
そうすると、「planar transform」ノードが作成される。

このノードは、「planartracker」でトラッキングした、動きのデータを適用するためのノードになります。

f:id:ohta-felica:20210915142718p:plain

「planar transform」ノードと、「mediaIn」をパラレルに接続する。
「planar tracker」ノードは接続を解除する。

f:id:ohta-felica:20210915142940p:plain

以上が大まかな流れ。

 



 

POINT

「paint」ノードの「stroke duration」の設定が肝であり、これを忘れると訳が分からなくなります。

 

 

ラッキングが必要のない、FIXのクリップであれば、以下のようなシンプルな構成でも機能します。
その時は、上記POINTを忘れると混乱します。

 

f:id:ohta-felica:20210915143518p:plain